持っていたら危ないと言われている悪い手相がありますので、自分自身の手のひらを確認してみましょう。

障害線とは、生命線など主要な線を横切るように線が入っているという手相の事であり、線が薄かったら一時的なトラブルだという事ですが、線が濃かったら乗り越えるのが困難な壁を暗示しているのだそうです。

手相の線が途切れ途切れになっていたら、これはマイナスの意味を表している事が多いので、この線が出ていたら新たな転換期と考えて新たな一歩を踏み出してみましょう。

手相のクロスは良い意味だと思っている方も多いかもしれませんが、主要な線にクロスが出ていたらトラブルを意味しているので、何か困難な事で躓いたら一度冷静に考えてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です