手相占いに興味があるけど、どんな物なのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

手を見て判断する手相占いは相術の一つであり、この世に全く同じ物が無いのでその人自身だけの唯一無二の物になりますし、手相は日々変わっていくため普遍的な物ではないので一度占っても数年後には変わっている可能性もあるのです。

いろいろな事情によって手相は後天的に変わるという事ですが、それによってその人自身に何らかの変化が起こっている事が考えられますし、物事をネガティヴに考えているとストレスを貯めている手相になるのだそうです。

手相には実際に起きた過去の事が刻まれていとも言われていますが、手相占いでは手のひらにある線だけでなく、手の甲や爪、手の形も見て判断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です