手相占いでは、結婚線の本数でモテ運を知る事ができますよ。

結婚線は小指の付け根と感情線の間にある線の事で、結婚線の本数は平均2〜3本だと言われていますが、結婚する可能性の数を表しているのだそうです。

つまり結婚線の本数が多いほど恋愛のチャンスの数と比例しやすくて、右手の手相をチェックしてみましょう。

結婚線は手相を側面から見るのではなく、手の正面から見える結婚線のみ数えて、2〜3本あるなら平均的なモテ運だという事ですが、結婚線が4本以上ある人はモテ運が強くて異性が寄ってきやすいのだそうです。

結婚線が1本ある人は、恋愛のチャンスは少なくてモテ運も弱いという事ですが、運命の人と結婚すると言われていますので、運命の相手とは長続きしやすいのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です