手相占いで、財運線の長さは金運と関係していますのでご紹介いたします。

手相は左手がポテンシャルを表していて、右手が現状を表しているので、今回は右手のひらを見てみて、小指の下に縦方向に入っている財運線をチェックしましょう。

財運線が感情線まで到達していない場合には、金運はそこまで強くない標準的な状態だという事ですが、このくらいの長さを持っている人が多いのだそうです。

中指の下から出ている運命線と財運線が繋がっている場合には、自分の仕事で成功してお金を手に入れる人が多いのだそうです。

左手を見てみて財運線の長さがそれなりにある場合には、今後金運が良くなる可能性があるのだそうです。

財運線は30歳を超えてから出てくると言われていますので、若いうちに財運線は出にくいという事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です