人生後半の運勢に良いとされている手相がありますので、ぜひ自分の手をチェックしてみましょう。

中指の下辺りで縦に伸びている運命線は、人生や仕事運とも関係していると言われていますが、手のひらの上半分に出ているなら、人生後半の運勢が良いとの事ですし、感情線と交わる上の部分は仕事運を示しているのだそうです。

生命線が二重になっていると、心身の忍耐強さを意味していると言われていて、若い頃に辛酸を舐める事になったとしても晩年には幸せが手に入る事を暗示しているのだそうです。

小指の下辺りに出ている横線は結婚線ですが、小指の付け根に近い位置にある場合には晩婚線だと言われていますよ。

頭脳戦と感情線が一緒になっているますかけ線がある人は、若い頃は逆境の中にいるという事ですが、人生後半で活躍する事を暗示しているのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です