手相では、小指と感情線の間にある最も長い結婚線を見る事によって、結婚する大体の時期の目安を見る事ができますが、他にも分かる事があるのだそうですから気になる方は右手を確認してみましょう。

結婚線の長さや数は人それぞれですが、線の数は恋愛が盛り上がる数だと言われていて、結婚の回数ではないという事ですよ。

目安として、小指のすぐ下辺りに線があれば40歳くらいで結婚すると言われていて、感情線の辺りに線があれば20歳、真ん中辺りに線があれば28から30歳くらいだという事なのです。

まだ若い人は結婚について現実味がないため、結婚線がハッキリと出ていない場合もあるのだそうです。

結婚線の線が4本以上あるという方は、恋愛の多い人生である事を暗示していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です