手のひらの手相を見れば、将来生まれてくるかもしれない子供の人数が分かると言われていますよ。

子宝線は、感情線から小指方向へ上向きに出る手相の事であり、線の本数が子供の人数だと解釈できるのです。

線が真っ直ぐに伸びているなら男の子、斜めなら女の子という解釈ができますが、子宝線が感情線から上方向に出ているなら男の子、下方向なら女の子という考え方もあるそうです。

あくまでも人数を示しているので、双子が生まれるかどうかまでは判断できないでしょう。

手相は日々変わっていくため、子宝線があっても子供が生まれない可能性はありますし、子宝線がなくても子供が生まれる可能性がありますので、子宝線を決めつけずに当たるも八卦当たらぬも八卦だと考えて楽しむと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。