恋愛運が高まっている時に出やすい手相についてご紹介いたします。

人差し指から中指まで弧を描く線を金星帯と呼び、魅力が高まっているという暗示なのです。

小指の下から横に伸びる結婚線は、上向きに伸びていると恋愛の好調という意味になり、金星帯と繋がっていると理想の結婚が叶うという暗示ですよ。

結婚線が長く、太陽線と繋がっていたり、薬指の方まで伸びていたら玉の輿線と呼ばれ、有名人との結婚や玉の輿が狙えるという手相なのです。

親指の母指球である金星丘がふっくらして健康的なピンク色だと、恋愛運アップを暗示していて素敵な出会いが期待できるでしょう。

スターが人差し指の下の木星丘に出ていたら、運気アップの兆しであり、恋愛に関する悩みも取り除けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です