手相の災害線を見れば、起こる可能性があるトラブルについて知る事ができると言われていますよ。

災害線は土星丘と呼ばれる中指の下から下方向へと伸びる手相であり、近い未来に自分自身に起こり得る災難を表していて、人間関係のトラブルから自然災害まで色々な災難が考えられるそうです。

災害線が生命線まで伸びていたら被害が大きいという暗示になり、短かったら被害が小さいという意味になるのです。

災害線が途切れ途切れだったら小さなトラブルがあるという暗示であり、島紋があったら手相の意味を弱めるため被害が小さいという意味になり、鎖状だったら小さなトラブルが何度か連続して起きるかもしれません。

トラブルを回避するために、今のうちからできる対策をしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です