金運をアップさせたいなら、手相に注目してみてはいかがでしょう。

金運アップが期待できる手相は金運線ですが、太陽線とも呼ばれていて線が長くて濃いほど金運が良いという暗示になり、途切れていたり線が細かったら運気は低下するという意味になるのです。

小指側に縦に伸びる財運線も金運と関係しているため、線が太く濃く出ている人は貯金や貯蓄がしっかりできるという意味になり、財運線がない人や線が細い人は散財に注意しましょう。

覇王線は金運線と財運線と運命線が交わる手相で、この手相を持っている人は自力で財産を生み出し蓄える能力を持っているのだそうです。

これらの手相を書くなら金色のペンが良いと言われていますが、書いたところで運勢が良くなるとは限りませんし、自分自身の努力も必要だという事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です