手相を見れば、自分自身の晩年運を知る事ができると言われていますよ。

感情線の上に濃い運命線が1本出ている人は性格がマイペースな傾向があり、若い頃から続けてきた努力が報われたり、50歳以降に才能が開花したり晩年運が良くて、やりたい事を全力でできるでしょう。

濃くて長い運命線がある人は強運の持ち主だと言われていますが、努力し続ける事によって目標も達成できる大器晩成型ですから、成功を得るためには積み重ねが大切です。

運命線の上部が複数に分かれている人は、周囲の人に囲まれて騒がしくも幸せな晩年を迎えられると言われていますよ。

運命線が目立たないくらい薄い人は、まだ晩年の運勢が不確かだという事ですから、今後の自分自身の行動次第でいくらでも変える事ができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です